バイアグラが誕生したわけとは?

バイアグラは現在では世界で一番有名なED治療薬ですが、実はもともとはED治療のために開発された薬ではありませんでした。バイアグラのもともとの目的は狭心症を緩和することであり、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルには心臓の血流量を増加させる作用が期待されて臨床試験に使用されましたが、期待していたような結果は出ませんでした。そのため、臨床試験を中止しようとしたのですが、利用した男性患者がこの薬を手放そうとしないのです。その理由を調べてみると陰茎の勃起が促進されることがわかったのです。つまり、もともとは心臓の血流量を増やすために作られた薬でしたが、目的の心臓の血流量は大きく変化せずに、陰茎に対する血流量が増加することとなり、勃起を促進することとなったのです。これは製薬会社としてはまったく予想していなかった発見でした。
このことがきっかけとなり、ED治療薬としてバイアグラの開発が行われるようになりました。研究開発には4年の期間と臨床試験者4000人、開発費用に5億ドルを使用してバイアグラは完成し、アメリカの正式な認可を受けて販売されるようになり、瞬く間に世界中で販売されるようになりました。バイアグラという名前は精力という意味のバイアとナイアガラの滝との合成語であり、ナイアガラの滝の流れのようにすさまじい精力を生み出すという意味でつけられており、多くの人がその効果を体感しています。
バイアグラは医師から処方してもらうことで購入することも出来ますが、通販を利用しても購入することが出来ます。通販で購入可能なのは、個人輸入を利用しているからです。通販で購入するためには輸入代行を行っているところから購入します。偽物も多いので信頼できるところから購入するようにしましょう。